【住信SBIカードローン】ネット銀行ローン審査通過の5ポイント※口コミ・評判

勤務先を持っている人の場合

2015年08月10日 19時28分

住信SBIカードローンへ申し込む時に申込用紙に勤務先の情報を記入しなければなりません。勤めている会社がある人はその会社の情報を記載して申込を行うことになります。こうして住信SBIカードローンへ申込をすると在籍確認があるので、会社に連絡がやってきた時はしっかりと応答しましょう。

どうして住信SBIカードローンへ申込をする時にこうした情報を提出する必要があるのかと言うと、それはどのくらい返済能力があるのかを判断するためです。要するに会社で仕事をしている人の場合はそれが事実かどうかを確認されることになり、しっかりと会社で働いていることが確認されるとそれだけ返済能力が安定していると判断されます。

人によっては自分が勤めている会社に住信SBIカードローンへ申込をしたことがばれるのではないかと不安に感じることがあると思いますが、この点は全く心配する必要がなく会社にばれることはありません。

自営業をやっている人の場合


会社で働いている人はその情報を提出することになりますが、自営業をしている人の場合は少し状況が異なります。自営業といってもいろんなスタイルがあり、会社を設立している人もいればそうではない人もいるわけです。

会社を設立している人の場合はその情報を提出すると良いですが、会社を設立しているわけではなく自宅で仕事をしているなど、特殊なケースの人はそのままの情報を提出して住信SBIカードローンへ申込をすれば良いです。重要な事は勤務先の情報もそうですが、やはり返済能力を判断するためにどのくらい年収があるのかという点が重要になります。また、審査において人によっては不利になりえることがありますが、そのような場合でも嘘をついて住信SBIカードローンへ申し込むことはダメです。

これをやると信用が大きく落とされてしまうので、他の金融商品へ申し込む時もその影響をまともに受けることになるため注意しましょう。